■ どこでもタイムレコーダとは?
・どこでも打刻ができる
・ICカードで打刻しよう
・スマホとICカードリーダーを使って
・ウェブアプリとスマホアプリが連動します
・PCのExcel勤務表に取り込んで集計
・セキュリティについての考え方
 
■ スマホアプリ
・スマホアプリの概要
・アンドロイド・アプリケーション
・IOS・アプリケーション
・打刻の確認
・対象者の登録・確認
・イベントの登録・確認
・設定/その他
 
■ ウェブアプリ
・ウェブアプリの概要
・打刻の確認
・対象者の登録・確認
・イベントの登録・確認
・設定/その他
 
■ Excelファイルへの連携
・これが最終目的
・連携用と打刻データのシート
・Excelマクロ内のデバイスドライバ
 
■ 専用カードリーダー
・タイムレコーダ用デバイス
・BLE通信を採用
・モデル
・フルカラーLEDで状況を表示
・レンタル製品として供給します
 
■ サービスとサポート
・サービス内容と価格
・サポートについて
・資料
・稼働開始予定
・ご利用申込み
 
■ よくある質問と回答
・Q&A
データムアイランドで開発済、または、開発中のシステム/技術を紹介しています。
■ スマホアプリ
・ スマホアプリの概要
スマホを用いてICカードリーダーでICカードを読み込んで認証し、打刻処理を行います。
スマホアプリとしては、以下の2つを開発予定です。
●アンドロイド版
●IOS版
現在、アンドロイド版にて機能確認、製品化等を進めております。
IOS版につきましては、アンドロイド版を元に進める予定で、遅れる事が予想されます。
・ アンドロイド・アプリケーション
アプリの主な機能は、
●打刻処理
●打刻状況確認処理
●対象者の登録・確認処理(ICカード登録/写真登録を含む)
●イベント登録・確認処理
●データの同期処理
●アプリ設定処理
があります。
ウェブアプリ側にもほぼ同等の機能があり、どちらでも行えるようになっています。
データは最終的にはサーバーで管理されますが、常にアップロードする必要はありません。
必要に応じて、必要な時期にアップロードしてください。
・ IOS・アプリケーション
機能や画面構成、画面遷移は極力アンドロイド版と同じ方向で開発を進めています。
リリース時期に関しましては、アンドロイド版より遅れる可能性があります。
・ 打刻の確認
【打刻処理】
ICカードリーダーとはBLEで接続され、室内で約10m程度の距離を通信できますので、ICカードリーダーの傍にいる必要はありません。
カードをICカードリーダーにかざすと、読取ったデータをスマホに送り、認証処理を行います。
認証した結果をICカードリーダーに戻し、フルカラーLEDと音で対象者に通知します。、
その場の対象者の出欠席はスマホにリスト表示されています(左)ので、すぐに分かります。
【打刻の確認】
その日の出欠席だけでなく、他の日の状況も確認したければ、状況確認画面(右)で確認します。
全ての日付について確認する場合は、出欠席状況部分を横にフリックしてください。
表示されていない対象者の状況をみる場合は、対象者部分を縦にフリックすると次の数人分が確認できます。
・ 対象者の登録・確認
対象者はリスト表示されます。
追加登録したい場合は、右上の「新規対象者」をタップしてください。ダイアログが表示され、登録が可能となります。
写真を登録・削除したい場合は、写真部分をタップしてください。スマホでは内蔵カメラを使って写真登録する事ができます。
カメラで撮った写真はトリミングする事ができます。
名前やカード情報を登録・変更する場合はリスト右側の情報部分をタップしてください。
カードは規定枚数まで登録できます(1~3枚/人)
イベントに対象者が登録されていない場合(初期等)は
●別のイベントに登録されている対象者全員をコピーする事ができます。
●スマホに登録されているマスターから選択して登録する事ができます。
スマホ側で変更された名前等はサーバー側には戻されず、そのスマホ内だけで使用されます。
・ イベントの登録・確認
以下の2種類のイベントを登録する事ができます。
●カレンダーに打刻するタイプ
●日程を定義するタイプ
「カレンダーに打刻するタイプ」カレンダーに打刻するタイプは、通常の出退勤処理のように毎日を対象としており、本システムでは、月毎にイベントとして扱います。
「日程を定義するタイプ」は開催日時を定義する必要があります。打刻時もそのひとつを選択して打刻する事になります。

・ 設定/その他
スマホアプリを使いやすくする為の設定項目があります。
位置情報を取得して打刻データに添付するかどうかはスマホ毎に選択する事ができます。
また、アップロードのタイミングやアプリの開始時の動作を選択しておくことができます。