■ その1:得意分野はイメージ処理
・文字認識や印鑑の自動認識等
・IntelとMotorola
 
■ その2:カメラ制御とOpenCV処理
・カメラ制御
・OpenCV処理
 
■ その3:小型デバイス製作はPIC8ビット
・PIC8ビットCPU
・小型デバイス製作
 
■ その4:3DCADでケース設計も
・図学と3DCAD
・3Dプリンタと金型製作
 
■ その5:回路基板は基板CADで
・小型デバイスの回路設計
・基板CADを使ってみる
 
■ その他
・好きなだけ??
・共同開発について
データムアイランドで開発済、または、開発中のシステム/技術を紹介しています。
■ その6:回路基板は基板CADで
・ 小型デバイスの回路設計
出身が電気工学ですし、デジタル回路は作りたいものさえはっきりすれば、弊社で作るデバイス自体がそれ程難しいものではないですし、小型ですので、回路設計もそれ程難しくありません。
P8ビットMCUのPICを使っていますが、もう何度も同じCPUを使っていますので、回路設計も慣れています。
電源もACアダプタからとるか、電池にするかだけで、難しい部分は有りません。電池から昇圧で電源を作る時もほとんど1チップとL/Cの組み合わせだけで作成できます。
ひとつ基本的な回路が完成すれば、パーツを加えたり、取り除いたり程度で出来上がります。
・ 基板CADを使ってみる
回路が出来上がれば、次は回路CADへの入力です。
基板に興味を持つ事ができれば、両面程度の基板はそれ程難しいものではありません。
当然ですが、交差しないように、上面と下面に回線をめぐらしていく・・クイズのようなノリで進める事ができます。
もうひとつ、注意する事があるとすると、曲げる時は直角には曲げず、45度で・・
CAD入力が完成すれば、後はウェブサイトで基板をオ―ダ―すると、数日で基板が届きます。
■ その他
・ 好きなだけ??
このように、いろいろと「技術の引出し」記事を書いていくと、はっきり言ってしまえば「モノを作りたいだけ?」「モノ作りが好きなだけ?」だという事がよく分かります。
先日聞いた言葉ですが、「作り手は真の使い手であれ」という言葉と同様で、とにかく少しでも時間があれば、手を動かして、実際に自分で動かして技術を習得する事が大切だと考えています。
時代の変化ととも?に「コピペ」で何事も進めてしまったり、記事を読んだだけで理解したつもりになっているようでは動くものは作れません。
ブラックボックスのまま、放置する事はしたくないというのが弊社の理念です。
・ 共同開発について
弊社のモノ作りにご興味のある方、アイディアを持っているが具現化できずに困ってられる方、ご遠慮なくメールにてコンタクトください。
ご連絡をお待ちしています。